業務の見える化で得られるメリットとは?

業務の見える化にはどんな効果があるのか?

近年、ビジネモスの場で業務の「見える化」が注目され、取り組んでいる職場は多いのではないでしょうか?

業務の見える化で得られるメリットとは?

業務の「見える化」とは、職場の状況や問題点などを見えるようにすること。
では、職場で業務の見える化を行うことで、実際にどんな効果が得られるのか?

実施に得られる効果が分からないと、やる気も起きませんよね。
そこで今回は、業務の見える化で得られる効果をご紹介いたします。

▶︎目次

1.業務の見える化で得られる効果とは?

まず、何のために業務の「見える化」が必要なのか?と、根本となる部分ですが、業務効率化および業務改善のためです。

「見える化」は先程の軽く説明した通り、職場の様々な業務で発生する問題を常に「見える」ようにすること。

そして、見えてくる問題を解決し、さらに問題が発生してもすぐに解決できる体制と発生しにくい環境を作っていく、という業務効率化・改善のためのヒントを与えてくれます。

職場で行う「見える化」は、

  • 業務プロセス
  • 進捗管理
  • タスク管理
  • スキル(能力)管理

など、仕事をする上で重要なポイントの見える化を行い、問題点を洗い出していきます。

業務の見える化で得られる効果!

そこで、業務の見える化で得られる具体的な一番の効果は、業務の効率を下げる「ムダ、ムリ、ムラ」が見えやすくなること。

業務の見える化で業務の「ムリ・ムダ・ムラ」が発見しやすくなる

業務の見える化によって、職場内全体、部署やチーム、社員一人一人の業務量や業務の流れ、作業内容や作業手順、進捗状況などの情報を明確にする過程で、業務のムダ、ムリ、ムラが洗い出されていくのです。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

「ムダ」な業務の発見

業務の見える化によって、業務のムダな部分が明確になっていきます。

ムダな業務が発見したあとは、その業務をなくしていくのが一番早いですが、他の業務と統合できるものは1つに統合する方法もあります。

ムダな部分が排除できれば、他の業務に時間を有効に使え、しいては残業の削減にも繋がっていきます。

業務の「ムリ」な部分を排除

見える化によって、一人一人の社員が実際に行っている業務量や業務内容が明確になり、中には属人化(特定の社員しか業務内容が分からない状態)や業務が一人の社員に集中している問題場発見できます。

このような状況にあれば、業務上の無理や偏りが発生している状態になり、業務効率は悪く生産性を下げる原因に。

そこで、業務の「見える化」によって問題点が早期に発見できれば、トラブルが発生する前に業務の平準化が図れます。

業務の「ムラ」がなくなる

職場で仕事をしていると、個々のスキル(能力)によって業務内容に「ムラ」が出てしまうもの。

特に、製造業などでは製品の出来や要する時間にどうしてもムラが出てしまいます。

そこで、社員一人一人のスキル(能力)を「スキルマップ」によって見える化することで、人員の適正配置が可能になり、今後の人材育成計画も立てやすくなります。

以上のように、業務の見える化は、様々な施策によって職場の問題点の洗い出しができる効果があります。

そして、発見した問題に対して改善を施していけば、職場全体の業務効率化および業務改善に繋がっていくのです。

2.まとめ

企業で行われる業務の効率化や改善を行うためには、まず職場で行っている業務の「見える化」が必須になります。

見える化の方法は見える化したい要素によって異なりますが、実施することで業務の「ムダ、ムリ、ムラ」が発見しやすくなる効果があります。

業務の「ムダ、ムリ、ムダ」を解消することで業務効率や生産性が向上し、職場全体の業務改善に繋がっていくのです。

今まで何のために「見える化」していたのか疑問があった方も、職場の改善ため積極的に取り組んでいきましょう。

Related Posts

業務見える化の基本は情報共有!

業務見える化の基本は情報共有!情報共有の基本的な方法を解説!

情報共有という言葉は職場内で使われる機会
業務プロセスの見える化は「BPMシステム」が効果的

業務量の見える化はBPMシステムとBPMNが効果的!

BPMシステムやBPMNという言葉をご存
業務の偏りや業務負荷の見える化は「かんばん式」が効果的

業務改善のために必要な「見える化」すべき3つのポイント!

業務改善や効率化といえば、企業の取り組み
業務の見える化の2つのメリット

業務見える化の2つの大きなメリットとは?

業務の見える化は、職場で行う業務のあらゆ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です